日間賀島観光

日間賀島ってどんなとこ?

日間賀島は三河湾に浮かぶ小さな島。
周辺にはあわせて3つの有人島(篠島・日間賀島・佐久島)が有り、その中でも最も小さく最も人口の多い島です。産業は豊な海に囲まれた島ですので漁業が盛ん。観光に関しても力を入れており、多くの民宿・旅館・ホテルが所狭しと立ち並ぶ景色は圧巻です。
また、古くからの漁師町なので道幅が狭く、島内の路地はとても入り組んでいて歩くだけで異国の雰囲気を味わえます(民家の軒先をくぐってなんてことも)。
島にはいたるところに猫がいてひなたぼっこしている姿も心和ませますね。

日間賀島観光

1キッズアドベンチャー

ちびっこ達が夏の想い出を作れるたくさんのアドベンチャーがいっぱい。島中で冒険しよう。

2サンライズビーチ

夏の日間賀島と言えば海水浴。とくがねからもすぐ目の前にビーチがあります。

3堤防釣り

レジャー派から本格派までお手軽にフィッシング!堤防で日がな一日釣り糸を垂れる太公望もいます。

4日間賀神社

とくがねから徒歩約5分。静かな佇まいと波の音がやさしく包んでくれます。

5安楽寺

現在でも産後110日目や誕生日、七五三に氏仏様をお参りする風習が残る。運が良ければ住職から「蛸阿弥陀如来」のお話を伺えることも。

6大光院

知多四国八十八ヶ所巡りの三十七番礼所。弘法大師が開いた霊場巡りを周る旅を。日間賀島にも札所があります。

7呑海院

知多四国八十八ヶ所巡りの四十八番礼所。

8マンホール

島内のマンホールにはたことふぐのイラストが書いてあるものも。島内散策時に探してみては?

9日間賀島資料館

日間賀島での漁具・漁船の変遷、数千年前の出土品などを展示。無料です。東にはクロマツ林が見られる。

10サンセットビーチ

夏の日間賀島と言えば海水浴。とくがねからもすぐ目の前にビーチがあります。

11巨大迷路

外周道路ははなだらかな斜面が多いが、一旦民家のある細い道に入るとぐるぐる迷ってしまうことも。クネクネ曲がった道を進むと思わぬ所に出てみたり♪とことんこの迷路を探検してみるのも楽しいよ。

そんな日間賀島の日本一をご紹介!

まず人口における原動機付自転車の保有率が全国一!!
島内の移動はほとんどが原付もしくは軽自動車で行われています。
そして日本の離島における人口密度も全国一!!離島といえば過疎化などが問題になっているようですが、ここ日間賀島は若い人達が情熱を持って観光に集客に頑張っている島なのです!
近年は交通の便も良くなり、日帰りのお客様も増え、春は貝料理、夏は海水浴、冬はふぐ料理と多くの観光客で賑わっています。福(ふぐ)と多幸(たこ)の島日間賀島へ是非足を伸ばして下さい♪

日間賀島ワクワク冒険リゾラグリフ

島(L’isora)の絵文字( Glyph)という意味秘密のマップを手掛かりに日間賀島(東側)に隠されたリゾラグリフを見つけるけだそう!すべの絵文字を解読するとひとつの答えが導き出される!島を歩きまわって島の秘密を解き明かそう!参加費無料!とくがねで秘密マップをゲットしよう!

YouTubeで見る ▶

イベントスケジュール